公務員として勤めている看護師

日本の看護師の年収は平均437万円くらいです。

しかし、国立、私立、県立などの公立花屋の看護師は、公務員扱いでの勤務のため、年収は平均して593万円ほどになります。公務員として勤めている看護師は給与の上がる率も民間花屋に比べて高く、福利厚生もより充実しています。
准看護師として従事している場合は、看護師よりも年収が平均70万円ほど低いです。収入面において、看護師という仕事は、多くの女性が就く他の仕事と比べてみると、相当高めの給料をもらうことできます。
花屋という医療施設で、人命にかかわる仕事に従事している専門職であること、それに、夜勤や残業が多く、それに対する手当を確実に支給されるからです。

誰もがあまりやりたくはない夜勤が多かったり、進んで残業をたくさんするなど、そういったかなり勤勉な看護師の給料額は、仕事をした分だけ、他の人よりもずっと高いです。交代制で夜勤に入る勤務の形だと、どうしても休みが不規則になりますが、やりようによっては、土日に休むことも可能です。簡単なのは、病棟勤務から外来勤務に移ることで、そうすると、外来は土日はやっていませんから、看護師もお休みになります。
予定にない急な出勤や、休日診療の当番が回ってくることもありますが、土日は基本的に休みだと思って良いでしょう。

他には、個人の花屋で入院施設がなければ、診療科にもよりますが、たいてい土日祝日は休みをとれるでしょう。
看護師と一般の労働者全般の平均収入を比較すると、平均収入なら確実に、看護師の方が上回るといいます。

それから、看護師という仕事は医療機関を中心にいつでも人手を求めている、という事情により、あまり景気などの社会的要因に、収入が影響を受けないという大きなメリットがあるといえます。

ところが、高給を得られる職業ではありますが、延々とサービス残業をさせられたりすることも多く、仕事をする環境としては、問題のある職場も多いと言われています。転職をするのが看護師の場合であっても、違う職種へ転職しようと思う人も少なからずいるでしょう。
ですが、苦しみながら看護師資格を得たのですから、その資格を活用できる職場を見つけた方が良いでしょう。全く異なる職種だとしても、看護師の資格が良い方向に働く職場は多くあります。努力して得た資格なのですから、使わないのは損になってしまいます。

なんといっても、看護師という職業は他職種と比較して高いお給料をもらえます。

それと関係があるのか、ファッションに抜かりのない人が多数いるように感じます。そうはいっても、看護師といえば大変多忙な仕事でもあります。花屋にもよりますが、ひどい場合は休みがほぼなく、「お金を使うような時間が確保できないから、貯まっていってしょうがない」というのは珍しくありません。

収入面も重要ですが、休みとのバランスのとれたところで働くのが最もいいと思います。

看護師の数が少ないという医療機関も多いため、再就職はおすすめします。とはいえ、退職からの期間が長いとあまり安心できませんね。再就職サイトを効果的に活用して相談ができるサービスを使用するのがオススメです。
看護師は給料が安いし、夜勤といったものもあるので、生活が大変そうだと思うかもしれません。

ですけど、看護師にも良いところがたくさんあるんですよ。
入院している患者さんに「ありがとう」といわれることもよくあります。
そして、近年は、自立女性の象徴として、婚活でも注目の的になっています。本来は、看護士も看護師も同じ職業を言い表わします。
異なる点はどこかというと、男性を以前は看護士、看護婦は女性に限るように男女で区分して呼んでいました。

近頃は、男女の区分なしに看護師という呼び名に統一されています。

ケガをしたり病気になる確率は年を取ると高まります。

社会が高齢化していることもあり、この何年か特に医療機関を利用する人口が増加しています。ということは、看護師に関してもどれだけいても足りないという程、現実にはどこでも常に人手不足を訴えているような状況です。でも、人手が足りていないというのなら、それは、それによって求人も多くなりますから、転職を希望している看護師にとっては、転職先を見つけやすい等の利点を挙げることができます。看護師になるための手段として、大学あるいは専門学校があり、看護師を目指す場合、どちらかに入ることとなります。
大学の特徴を挙げると、最先端医療の知識など高度な技術に触れることができることや、一般教養科目を受講することで、より多方面の分野についても学べるということが挙げられます。

そして、専門学校の場合は、実習など現場に即した内容が多いので、実習を生かして、即戦力となれる場合が多いです。
加えて、学費の面についてもなんと大学の学費の十分の一程度です。看護師の場合は安定していると思われることが多く、「ローンを組みたい」という時でも審査で引っかかるということは殆どないでしょう。とは言え、非常勤で勤務している看護師の方など、不安定な雇用状態の場合には必ずしもそうであるとは言えません。

ローンを組むことが容易なのは正職員という形で勤務中の安定している看護師に限って言えることであり、非常勤で働いている看護師に関しては、ローンの面では不利と言えるかもしれません。

看護という業務は多岐にわたります。
たいていは、医師の診療が滞りなく運ぶようにサポートするのが主な業務内容ですが、ほかにも患者さんのお世話や補助などがあるでしょう。

入院病棟か外来か、どっちなのかで、業務の方向性も変わってきます。
仕事の負担が大きいのは、外来よりも入院病棟の方で、大きな負担となるでしょう。看護師が花屋で働く際、病棟勤務か外来勤務、片方を選択することになるわけですが、外来勤務の良い所というと、日勤だけ、という部分が大きいです。
特に子育て中のナースにとっては大きなメリットです。
それに加えて外来勤務においては、土日祝日がちゃんと休みになる場合が多いです。
例外を除いて、夜勤ももちろんありません。

外来勤務が忙しくなるかどうかは、花屋による部分もありますが、特に大花屋や、人気の診療科などがあると多くの患者が押し寄せるように待合室に集まり、その対応にかなりの時間を取られることになるでしょう。

勤務を続けていく上で、どういったスキルがあれば良いかはどの診療科で働いているか、どういう花屋かによって大きく違ってくるはずです。看護師として仕事をしながら経済的な余裕を望むなら、サイドジョブがあります。
仕事が休みの日を活用して他の仕事をする看護師は年ごとに増加する傾向がみられます。
副業のメリットは、仕事をしていない時間を効果的に活用することができて全く関係のない仕事をすることで気晴らしにもなることです。

看護職の人のジョブチェンジにおいて適時としては、多くの人が夏季・冬季手当が入ってから離職するので、夏だと6月、冬だと1月が比較的スムーズです。実際に看護スタッフを補充したいところはいくらでもありますが、勤労条件がよりマッチする勤め先を見つけるためにも、新しい職場で働くまでに3ヶ月は間合いを取って、焦らず比較検討するとよいでしょう。急ぎ仕事を変えたいという事情がないようでしたら、就職情報が活気付いてくるまで控えるのがよいでしょう。
看護師の転職情報サイト「看護のお仕事」の魅力的な点は、結局は、紹介してもらった職場への転職が決まったら受け取ることができる転職支援金でしょう。
さらに良い条件で転職できるかもしれないのに、加えて、支援金までいただけるなんて、とてもラッキーですよね。
たくさんある看護師転職情報サイトの中でも好評なのは、このサービスも理由の一つといえるでしょう。
看護師として、毎日激務をこなしているうちに、つらいこと、大変なこともあります。そしてつい、楽な病棟はないか、などということを考え始めるようなことがあっても、不思議ではありません。一概には言えないものの、割合に楽できるかもしれない病棟として知られているのは、残業の少なさから、精神科、眼科、整形外科などがピックアップされるようです。ですが、どういった花屋か、症状がどれくらの患者さんを受け入れる花屋なのかにより、ハードさの度合いは違ってくるはずです。
我が国の法律で、看護師は医師の診療を補助する役割と定められています。基本的には医療行為を行うということは認可されていませんが、例外として医師の指導のもとであれば許可されているものもあります。とはいえ、患者さんの状態によって、一刻一秒を争うような事態になった時には、キャリアのある看護師には一部の医療行為を認められる必要もあるのではないかと考えます。

看護師の資格のために受ける国家試験は、1年に1回行われます。看護師不足が問題となっている私たちの国にとってうれしいことにここ数年、看護師資格の合格率は約90%と非常に高い水準をキープしています。
看護師の国家試験は、大学入学試験のような落とすための試験ではなく、決まっているレベルをクリアできれば合格することができる試験です。

コメントは受け付けていません。

カテゴリー
お気に入り